医療連携

医療連携の考え方

数ある病院診療所の機能・役割は同じでなく、それぞれ特徴を持っています。それぞれの特色を活かしながら連携を行い、最適な医療を受けられるよう、お手伝いすることが当センターでの地域医療連携の役割と考えております。

医療連携の実際について

人間ドックや健康診断の結果、「要精密検査」や「要治療」の判定だった方のうち、ただちに専門の医療機関を受診する必要があると判断された場合、ご本人の希望をうかがいながら、専門の医療機関を紹介したり、受診予約を取り、スムーズに検査や治療が受けられるよう、積極的に連携を進めています。

連携による予約の対象となる疾患
がんなどが疑われ、早急に検査を受ける必要性がある方
腎・尿管結石や胆石等で、現在症状がなくてもこれから急激な痛みが出る可能性がある方
肺炎、気胸、出血性胃潰瘍・穿孔などですぐに治療を開始する必要がある方
血液検査で高度な異常が見られ、重大な疾病が考えられる方

医療連携の流れ

医療連携の流れ

医療連携によるメリット

医療連携を利用する事で受診者様の負担が軽くなります。

総合病院などの大きな(概ね200床以上)病院を受診される場合、診療情報提供書がないと、初診時に初回診療選定療養費(医療機関によって名称、金額は異なります。)が請求されます。
医療連携を利用することによって、請求されません。

検査の重複を防ぐことが出来ます。

初診時の受付がスムーズになります。

予約可能な医療機関を受診される場合、待ち時間や診断までの期間短縮に役立っています。

紹介状と診療情報提供書の違い

紹介状を持参することで、紹介理由が医療機関に伝わり、スムーズに検査や診察を受けることが出来ますが、概ね200床以上の医療機関を受診される場合、紹介状とは別に診療情報提供書が必要となります。

紹介状について

当センターの人間ドックや健康診断を受診され、精密検査や治療が必要な方に対して、紹介理由や関連の検査結果を記載した医療機関提出資料(紹介状)を作成し、スムーズな病院受診をすすめております。
しかし、希望の医療機関がない場合、医療機関の指定はせず、紹介状をお渡ししています。
そのため、受診された医療機関の規模によっては、紹介状とみなされず、初回診療選定療養費が請求される場合があります。

診療情報提供書について

200床以上の希望の医療機関がある場合は、その医療機関名・診療科(担当医名)を記載した診療情報提供書を作成しています。医療機関提出資料(紹介状)と併せて診療情報提供書を持参し、受診していただきますと、200床以上の病院でも初回診療選定療養費は請求されません。


労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL