人間ドックをお受けになる方へ

再検査・精密検査

センターの判定区分はA〜Fに区分されます

A判定異常ありません。
B1判定軽度変化です。
B2判定経過観察(1年後)
C判定再検査が必要です。
D判定精密検査が必要です。
E判定治療が必要です。
F判定治療継続(経過観察継続)

センターの外来でC判定の再検査、D判定の精密検査を受けることができる項目があります。

センター保険診療外来でできる再検査

糖代謝
脂質代謝
尿酸
肝機能
胃内視鏡検査
胸部レントゲン
胸部CT

センター保険診療外来でできる精密検査

胃内視鏡検査
胸部レントゲン検査
糖代謝
脂質代謝
心臓超音波検査

センター以外で再検査や精密検査を受けられる場合の注意事項

再検査を受けられる場合
ドックの結果票を持参されることをお勧めします。
200床以上の総合病院を受診される場合、料金が別にかかる場合があるのでご注意下さい。


精密検査を受けられる場合
ドック当日お渡ししました紹介状(緑のメールシーラ)を持って受診下さい。
200床以上の総合病院を受診される場合、診療情報提供書が必要です。
医師面談で医師が必要と判断した場合は診療情報提供書を作成しています。

医療連携



労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL