お客様の声

当センターでは、人間ドックフロアにご意見箱を設置して、お客様のご意見を収集しております。頂いたご意見は、グループウエアを通じて全職員に周知するとともに、医療の質向上にため、業務の改善や職員教育に役立てております。また、ご意見をいただいたお客様で、お名前の記入がある方にはお手紙で対応しています。
今後も、よりよい人間ドックを提供できるように、皆様のご意見、ご要望を広くお聴きし、改善に役立ててまいります。

【二日ドック】60代男性から頂いた声
頚動脈超音波、下腹部超音波、甲状腺超音波、同じ超音波なので時間はかかると思いますが、同時にできないものかとも思いました。
センターからの回答
超音波検査につきましては、現在、食事の影響がある上腹部超音波検査を午前中に行い、食事の影響のない甲状腺・乳腺・下腹部検査(膀胱・前立腺・子宮)を午後に実施しております。がんセットをお申し込みの場合、午前中の上腹部超音波実施時に下腹部まで観察いたしますが、尿が溜まっていない状態では、膀胱や前立腺、子宮(下腹部検査)の観察を十分に行うことができず、午後からになることもございます。
また、頚動脈超音波検査につきましては、体表(甲状腺・ 乳腺)や臓器(上腹部・下腹部超音波検査)を観察する機器と違い、血管内膜の観察や血液の流れを測定しますので、一日ドックのお客様を午前中に実施し、二日ドックのお客様は午後からの検査となります。食事の影響や時間制約もございますので、全て同時に実施することは現在のところ難しい状況でございます。
【一日ドック】50代男性から頂いた声
最後の医師面談時間がなんとかならないでしょうか。
朝7時30分頃来所して、検査は10時には終わりました。医師面談が12時30分ということで2時間半近く間があります。もう少し早く面談ができないでしょうか。
センターからの回答
一日人間ドックの場合、ドックの結果を当日に提供しておりますので、検査結果の入力、結果の判定、診察準備を整えてからの医師面談となります。したがって、面談開始時間を12時30分と設定しております。
早めの退所をご希望の方には、胃透視検査終了後、医師の診察のみをお受けになり退所していただく方法もございます。しかし、検査結果は処理中であるため、結果の説明はございません。後日、郵送にての結果報告となります。
【一日ドック】60代男性から頂いた声
なぜ胃透視を最後にするの。本人は長時間苦しみます。また、食事も遅くなります。
センターからの回答
胃透視を最後に行うことについては、いくつかの理由があります。採血検査、上腹部超音波検査、(空腹が原則です)胸部レントゲン(胃透視で使用するバリウムや発泡剤の影響で、他の臓器が見えにくくなることがあります)は、胃透視検査前に行う必要があります。
また、問診、心電図、眼底、眼圧、視力検査などは胃透視で使用する薬剤(ブスコパン)の影響があるので、検査に異常がないかどうか確認が必要になります。
胃透視後でもよい検査は、聴力検査、身長・体重測定、肺活量検査は特に影響がないので胃透視検査後でも可能です。検査を安全に行うためにはいろいろな制約がありますことをご理解いただきますようお願いいたします。
【二日ドック】30代男性から頂いた声
胃カメラは喉から通す太いものではなく、鼻から通す細いタイプを導入してください。痛みがすくないようです。
センターからの回答
これまでも、胃内視鏡検査を経鼻法で試験的に実施し検討いたしましたが、麻酔などの前処置に時間がかかる上、鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎などがあると、刺激により悪化させたり、鼻出血を起こすなどの問題点があります。そのため、安全性を考慮し、人間ドックへ恒常的に導入することは見合わせております。現在、私どもが実施しております経口法でも、嚥下反射が強い方やご要望がある方には細い内視鏡を使用しております。また、併せて特殊なマウスピースを使用し、ご希望の方には医師の判断のもとに鎮静剤の量を増量して検査を行っておりますので、ご相談下さい。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
乳がん患者が多い中、できれば総合健診の中に入れていただければと思います。
センターからの回答
人間ドックを受診されるお客様は女性だけではなく、男性の方もおられ、検査を追加することで人間ドック料金が高く設定され、検査を中止されても料金をお返しすることができません。また、女性のお客様の中でも、子宮がん、乳がん検査は他の機関(主治医・市町村の検診)で検査をうけておられる方もあり、オプション検査で対応できるように選択制にしております。しかし、1日レディースコースでは、女性特有の病気に対しての検査が網羅されていますので、次回ご検討いただきますようお願いいたします。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
治療中の項目については、最初から外すことはできないでしょうか?。
センターからの回答
私どもでは、日本人間ドック学会の基準をもとに検査内容を設定し、全国的にも標準的な検査項目や価格でご提供させていただいております。受診された2日総合+脳コースには、生活習慣病やがんの早期発見のための検査項目に加え、頭部MR検査をセットしたコースとなっております。コースの中での検査の増減を行うことはできかねますので、ご理解いただきますようお願い申しあげます。
【二日ドック】50代男性から頂いた声
血圧が高いと中止になると話していましたが、下げる薬を飲んだりして受診はできないのでしょうか。
センターからの回答
薬を内服していただき、コントロール状態がよければ問題なく受診することができます。血圧のコントロール状態が悪く、高血圧状態が長く続きますと、負荷のかかる検査では、益々血圧が上昇する恐れがあり、危険な状態になることも予想されます。したがって、医師の指示により中止とさせていただく場合もございます。治療されていない方は、高血圧の状態が続くことにより、動脈硬化が進行し、脳血管障害や腎臓病などの合併症を引き起こす要因ともなりますので、主治医での内服治療をお勧めいたします。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
オプションの項目についてパンフレットはあるものの素人にはなかなか判りにくい。出来る事なら提案いただければと思う。
センターからの回答
オプション検査の提案につきましては、お客様相談係を配置して家族歴、既往歴、現病歴、前年度の検査結果、自覚症状から、お客様に適した人間ドックやオプション検査を提案しております。他にも、次回の人間ドックコースやオプション検査については、2日目の診察終了後の保健相談時に提案させていただいております。お客様のニーズにあった人間ドックを提供するため、必要な方に必要な検査をお受いただきたいと思っておりますので、次回入所の際にはぜひご相談いただきますようお願いいたします。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
胃の検査の時もっと麻酔をきかせてほしい。麻酔が効かず苦しかった。
センターからの回答
薬の効果は個人差がございますので、喉の麻酔とともに、鎮静剤を少し多めに使用していただくか、細い内視鏡を使用することもできます。次回受診される際はご相談いただきますようお願いいたします。また、苦痛を軽減するためにエンドリーダーマウスピースを使用しております。私どもでは、お客様に安全で安楽に受診していただけるよう、胃内視鏡検査時の苦痛の度合いを記録して、次回の検査に反映できるように改善を進めております。ご要望がございましたら遠慮なくお申し出いただきますようお願い申しあげます。

【二日ドック】50代男性から頂いた声
二日ドックでの検査内容から待ち時間(待機)が長く、時間的余裕はあるが、この検査内容であれば、一日人間ドックで受診し たほうが良いのではないかと感じている。(数年前は、当該ドックで待ち時間が無いほど忙しく検査を行っていたように感じた。検査項目が減少しているのだろうか?)。
センターからの回答
待ち時間につきましては、当センターとしても常に苦慮しており、検討を重ねているところでございます。二日ドック総合コースは1日目に糖尿病の負荷試験が設定されており、この検査に2時間ほど要します。また、午後からは大腸内視鏡検査、負荷心電図検査、体力検査など負荷のかかる検査が多く、全てを一日ドックで行うことは難しく、ゆっくり、ゆったり受診していただくように設定しております。また、個人差(コースの違いやオプション検査)や検査時間の違いもございますので、待ち時間が長く余裕があるように感じられたものと思われます。いずれにしましても、なるべくお客様をお待たせしないように空いている検査からご案内しておりましたが、私どもの配慮不足で申し訳ございませんでした。なお、1日で済ませたい方には、一日ドックの消化器コースをお勧めしています。但し、胃と大腸検査は含まれますが、血液検査の一部と体力、負荷心電図、栄養相談、歯科検診などが含まれておりませんのでご了承ください。1日に追加可能なオプション検査もございますので、併せて次回ドックの際にご検討いただきますようにお願い申しあげます。
【二日ドック】70代男性から頂いた声
眼・耳・口の検診があるが、鼻の項目がないのが不満です。検査項目数、所要時間、検査室に検査できない理由があるならば、オプション項目に追加するか、もしくは歯科、体力測定を削除する等の方策をとっていただきたい。
センターからの回答
人間ドックは、生活習慣による病気の早期発見と予防、さらにがんの早期発見を主眼としており、口腔内検診も生活習慣病との関連も深いため人間ドックの検査項目として実施しております。また、視力・聴力検査は、労働安全法で定められた項目でもあり、必要な検査として実施しております。しかし、今回、ご提案をいただきました鼻の検査につきましては、人間ドックの項目としては実施していませんが、人間ドックのオプション検査である頭部MRI検査で、耳鼻科疾患の副鼻腔炎が解ることがありますので、ご利用いただければと思います。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
健診料が県内全域ですが、高いように思います。1/2ぐらいで出来ないものか?!(予防医学ですので) 市の負担、個人負担の割合いもありますので、今のところ、日赤で健診続けたいです。
センターからの回答
現在のドック料金は、日本人間ドック学会の検査内容及び料金設定を基準としており、全国的にも平均的な価格設定となっております。会社や市町村からの補助があれば、個人負担金も少なくて済みますが、補助がない方には『優友クラブ』へのご入会(3,000円の入会金が必要)をお勧めしています。ご入会いただきますと、人間ドックを通常料金の1割程度の割引きで年間を通してご利用になれます。また、61歳からは、年齢に応じた検査項目を設定しております『シニア福祉ドック』をお受けになることもできます。
【二日ドック】50代男性から頂いた声
私は二日人間ドックコースで泊まりましたが、部屋にポットや冷蔵庫あれば良いかなと思いました。
センターからの回答
検査前の飲食の制限があるため、今後も各お部屋へのお水やお茶の設置を控えております。水分摂取可能な午後10時までは6階宿泊棟入口のティーサーバーをご利用いただきますようお願いいたします。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
宿泊室のベットが硬い、柔らかい。部屋の臭いが気になります。
センターからの回答
お客様に快適に過ごしていただけるように、宿泊室のベット・リネン類を更新し、空気清浄機を設置しました。さらに、定期的にオゾン脱臭機にて臭い対策を実施しています。

【二日ドック】40代男性から頂いた声
飲み物の種類が少ないです。
センターからの回答

ドリンクサーバーを3・4・5階のドックフロアと6階の宿泊棟に設置しました。ウーロン茶、紅茶、コーヒー、お水などをサービスしております。
【二日ドック】40代女性から頂いた声
パック入り牛乳がなくなって残念でした。
センターからの回答

5階食堂「ひごろっか」において、昼食時に牛乳のサービスを行っております。
【二日ドック】30代男性から頂いた声
宿泊室でインターネットを利用したいです。
センターからの回答

6階宿泊室にインターネットができる環境を整備いたしましたので、ぜひご利用ください。
【一日ドック】40代男性から頂いた声
待ち時間が退屈です。
センターからの回答

人間ドックを受診される方へiPadの貸し出しを行っております。Wi-Fiエリア(5階 ティールーム、旬の食卓「ひごろっか」、6階 宿泊専用ラウンジ、宿泊室)環境を整備いたしましたのでスマートフォンの方もご利用いただけます。また、雑誌や単行本を増やしましたので待ち時間の間にご利用ください。
【一日ドック】50代男性から頂いた声
駐車場ゲートの出入口が同じで出入りしづらいです。
センターからの回答
駐車場ゲートの入口と出口を別々に改修し、安全にご利用いただけるようにしました。

【一日ドック】70代男性から頂いた声
人間ドックの資料が見にくいです。
センターからの回答
人間ドックのご案内やパンフレットは、お客様の意見を参考に、より見やすく、解りやすく、毎年改定を行っております。
【二日ドック】70代女性から頂いた声
宿泊室に荷物置きを設置してほしい。
センターからの回答

平成24年7月から、お客様に快適に過ごしていただけるよう椅子を更新、ひじ付き椅子を新たに設置しました。また、荷物を置いていただけるようバゲージラックを設置しました。
【一日ドック】40代男性から頂いた声
5階食堂「ひごろっか」に一人掛け用のテーブルを用意してほしい。
センターからの回答

お一人で受診されているお客様が利用しやすいように、一人掛けのテーブルと椅子をご用意しました。お食事をゆっくりお楽しみください。
【一日ドック】60代女性から頂いた声
展望大浴場に貴重品を入れるものを置いてほしい。
センターからの回答

4階展望大浴場に貴重品を入れるBOXを設置しました。お風呂を安心してゆっくりお楽しみください。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
お隣りの日赤病院ともっと密接に連絡をとられたらどうでしょう。ここで健診を受けても精密検査をまたやり直さなければなりません。私どもにとっては大きな負担です。
センターからの回答
当センターの人間ドックにおいて、精密検査や治療が必要と判断された場合には熊本赤十字病院や主治医(かかりつけ医)をご紹介しております。精密検査につきましては当センターで可能な検査もございますが、造影剤を使った検査やさらに詳しい検査が必要となった場合、地域医療連携のルートを用いて診療情報提供書を医療機関へ提供し、専門医やより検査設備が充実している熊本赤十字病院などで精密検査を受けていただくようにお勧めしております。また検査で異常がなくとも主治医(かかりつけ医)への結果報告を希望されるお客様には、主治医用の結果を別刷りしてお渡ししております。今後も、お客様のご期待に沿えるよう、熊本赤十字病院や地域の医療機関との連携をより一層進められるよう努力してまいります。
【二日ドック】50代男性から頂いた声
たばこが吸える所が「病院入り口」ということで不便を感じました。出来ましたら外で構いませんので近くの「1階の一角」に設置をお願いします。
センターからの回答
当センターにおきましては、健康管理・増進施設として施設内及び敷地内は禁煙となっております。また、保険診療外来においても「禁煙外来」を開設しており、「施設内、敷地内禁煙」を原則としております。そこで誠に恐れ入りますが、熊本赤十字病院敷地内の喫煙コーナーをご利用いただきますようお願いいたします。お客様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
優友クラブの件、今まで全然知りませんでした。人間ドックは負担も大きく大変なので少し早くこういう内容の事が知りたかったです。
センターからの回答
日赤優友クラブ」についてご指摘いただきました。優友クラブは市町村や会社の補助のない個人の方を中心にご入会いただく制度でございます。ご入会の際、入会金(3,000円)が必要で3年間有効です。特典としてドックの割引や機関誌の発行(年4回)、各種イベント(日赤主催の講演会など)のご案内、日赤ヘルスケアクラブの会員割引がございます。
【二日ドック】70代女性から頂いた声
腸の検査の際、下剤・浣腸を使いましたが、便が残ってしまいます。こうならない方法はありませんか。
センターからの回答
大腸内視鏡検査の前処置として、出来るだけ大腸内に便のない状態で検査を受けていただくために、前日から下剤の服用をお願いするとともに、当日は浣腸で対応しております。
また、検査前日の夕食は消化の良いもの(うどん・豆腐・白身魚等)を摂っていただくことをお勧めいたします。
その他に、下剤の飲み方として、人間ドック入所の前々日に1包、前日に1包下剤を内服していただくこともできます。その際、水分もこまめにお摂り頂きますようお願いします。
食事のとり方や下剤の飲み方につきましては、個人差もございますので全ての方にあてはまるわけではございませんが、一度お試しいただければと思います。
【一日ドック】40代男性から頂いた声
胃透視検査がきついです。
センターからの回答
お客様に安心して受診していただけるように、胃透視検査の方法や注意事項をわかりやすく説明した動画を制作し放映しております。 胃透視検査室前の待合にて放映しておりますので、検査前にぜひご覧ください。

【二日ドック】40代男性から頂いた声
人間ドック受診時に「献血」出来ればと思いました。
センターからの回答
日本赤十字社の「献血」にご協力いただきありがとうございます。早速、血液センターに確認いたしましたところ、朝食抜きの状態で、水分を摂ることができないことに加え、胃内視鏡や胃透視検査において薬物を使用していることから、人間ドックの受診中や受診直後の献血はお断りしているとのことでした。
【二日ドック】40代女性から頂いた声
個人名とともに検診内容をフロアーで言われるのは控えていただきたいです。
センターからの回答
当センターにおきましては、誤認防止のため、番号とお名前で確認を行い、ご案内しております。
番号のみでのご案内を希望されるお客様には、個別に対応させていただいておりますので、次回、ご相談いただきますようお願いいたします。なお、現在のシステムでは、全てのお客様を番号でご案内できる体制ではございませんので、引き続き検討課題とさせていただきます。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
宿泊の際の寝間着は浴衣からパジャマ式に変更してほしい。
センターからの回答
パジャマ式の寝間着につきましては関係部署にて検討いたしました結果、2016年10月からパジャマタイプの寝間着を設置しております。なお、浴衣がご入用の方は6階宿泊棟キャビネットの中に準備しております。

お客様から、お褒めの言葉も頂戴しております

【二日ドック】40代女性から頂いた声
初めて日赤で受診することになり、とても不安がありましたが、皆さんとても親切で、安心して二日間過ごすことができました。苦手な検査もあるため、私は一年の中でゆっくり一人旅行!と気持ちを切り替えて受診しています。こういう気持ちで来ている人間もいますので、過ごしやすいセンターがいいです。今回、気持ちよく過ごすことができました。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
毎年受診させていただき、毎年感じることですが、受診者に対する配慮が素晴らしいと思います。受付の職員の方から検査される方、先生方など、どの方も我々に対する接遇態度は配慮が行き届いています。
【二日ドック】50代女性から頂いた声
以前入所した時にお願いしたことが、期待以上に改善されていて安心して受診することができました。また、問診での情報を各検査の担当者が把握されていて安心して検査を受けることができました。
【二日ドック】50代男性から頂いた声
歯科の健診は人間ドックで初めて受けました。歯を磨く指導がわかりやすくてよかったです。
【二日ドック】60代女性から頂いた声
接遇、対応されるスタッフ、看護師全員が行き届いていました。検査の内容や説明がわかりやすく、不安があった大腸検査時も緊張していましたが、看護師のちょっとした言葉かけで受けられました。医師の説明や栄養指導、保健師の説明もしっかり伝わり感謝いたします。
【二日ドック】60代男性から頂いた声
各検査の流れがスムーズになっていて、待ち時間も改善されていました。
【二日ドック】50代女性から頂いた声
大腸検査の時に、私の身体に力が入ってしまい不安なのだろうと察して検査の間中「大丈夫ですよ」と何度も声かけながら背中をさすってくださいました。とても嬉しくて、気持ちが悪いものも吹き飛んでしまいました。
お客様からの意見をまとめた掲示板・冊子を設置いたしました。また、お客様の声はホームページや機関誌にも掲載しております。
お客様からいただいたご意見は、職員教育や業務改善に役立てております。ご意見の内容は年度毎にまとめドックフロアに掲示するとともに冊子にしました。また、ホームページと年4回発行の機関誌に意見と回答文を掲載しています。多くのお客様の意見を公表することにより、理解していただくことが重要と考えています。



労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL