禁煙外来

医師と一緒に禁煙治療しませんか?

タバコはやめられない があたりまえ
タバコに含まれるニコチンは麻薬と同様に強い依存性をもつ成分です。このため、長期間喫煙していると禁煙したくても「ニコチン依存性」という病気になり、自分の意思だけでは禁煙することができなくなります

タバコを吸っている人はあなたのニコチン依存性をチェックしてみましょう。
以下の質問で5点以上であれば、ニコチン依存症と判定されます。

問1自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。はい・いいえ
問2禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。はい・いいえ
問3禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか。はい・いいえ
問4禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。

イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加

はい・いいえ
問5問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。はい・いいえ
問6重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。はい・いいえ
問7タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。はい・いいえ
問8タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。はい・いいえ
問9自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。はい・いいえ
問10タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。はい・いいえ

はい=1点  いいえ=0点





労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL