保健看護部の教育

当センターの教育システムは、「赤十字のキャリア開発ラダー」を導入し、看護職個々人がキャリアアップできるように、継続教育のシステムを整えています。
当センターの看護師は、受診者のいのちと健康、尊厳を守るために、保健や看護の専門性を発揮し、人にやさしく思いやりのあるケアを提供できるような人材に成長することを目指しています。

採決業務研修写真集合教育写真

教育目標

  1. 受診者へ最良の保健・看護サービスが提供できるような看護職を育成します。
  2. キャリア開発ラダーシステムに基づいて、保健・看護実践能力が高められるように保健・看護実践、管理、教育、研究に必要な 知識、技術、態度に関する学習の機会を提供します。
  3. 保健・看護の専門職業人として、自己啓発と自己研鑽に努め、学習したことを実践に活かせるように支援します。
  4. 看護職として、より感性を磨き、相手の立場でものが考えられように、人間として成長することを支援します。
  5. 看護職として、人との関わりを大切にして、社会人として円滑な人間関係を築くことが出来るよう支援します。

研修内容と位置づけ

新人研修は、入社時に速やかに実施します。その後は赤十字医療施設キャリア開発ラダーを柱として、OJT・内部研修・外部研修・学会発表へと個人のモチベーションとスキル向上に向けた教育体制を基本としています。

研修内容と到達目標

キャリア開発とは、個人と組織の目標の統合を図り、各人の希望に基づく看護職としての将来の目標とそのために必要とされる能力開発をすすめることです。当センターにおける新人教育においては、「赤十字の看護師の看護実践能力の指標」に準じた、当センター独自のキャリア開発ラダーレベルⅠを入社1年目の到達目標の基準としています。

レベルⅠにおいては、保健看護技術の実践における技術的側面を部門ごとに設定した「保健看護技術チェックリスト」を用いて、本人および所属上長(課長・係長)による到達状況を1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、12ヵ月後に目標の達成を確認し保健看護技術の習得につなげていきます。
レベルⅡ以上は、看護実践者の申請に沿って順次認定を実施しています。

赤十字施設の看護キャリア開発ラダー全体構造図

※この図は、日本赤十字社のキャリア開発ラダーには、①看護実践者、②看護管理者、③看護教員(専門学校)、④国際活動要員の4コースがあること、どのラダーも実践Ⅲまでは共通であること、各ラダーには何段階あるのかという事を示している。

日本赤十字社 看護部資料

新規採用看護職教育プログラム

新規採用看護職教育プログラム

現任看護職教育プログラム

日時 内容 講師
5月13日
赤十字・センター・保健看護部の目標と看護職の役割 保健看護部長
6月5日
Excelの使い方 保健看護係長
6月19日 栄養指導・運動指導の実際 栄養士・運動指導士
7月3日 リスクマネジメント 保健看護係長
7月 セルフケア 保健看護主任
8月7日 リーダーシップ・メンバーシップ
グループワーク
保健看護部長
9月11日 フィジカルアセスメント 保健看護課長
9月18日 センターのPCシステムを学ぶ 情報システム係
10月2日 事後管理の実際 健康情報係長
11月6日 中途採用者研修 保健看護部
11月20日 地域・職域診断 保健看護係長・主任
12月4日 ナラティブアプローチ
ラダーガイダンス
保健看護係長
1月15日 禁煙 保健看護主任
1月22日 看護研究(質的・量的) 保健看護係長
2月05日 RCA分析 保健看護係長

労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL