基本理念

Health for All, All for Health
- すべての人に健康を、健康に全力を -

基本方針

  1. 一次・二次・三次予防の包括的な健康支援
  2. 生涯を通じた健康支援
  3. 受診者第一主義の健康支援
  4. 新たな予防医学システムの構築
  5. 教育研修機関としての使命と役割

特徴・こだわり

健康支援サービスの品質に関する基本方針

健康支援機関として真に価値あるサービスを創造していくために、健康支援サービスの品質管理体制を確立する。

質の高い健康支援サービスを目指し、その品質向上に努め、利用者の健康と信頼の確保に寄与する。

健康支援機関として、質の高い健康支援サービスの普及に努め、広く社会に貢献する。

受診者の皆様の権利と責務について

当センターは、受診者の皆様との相互協力関係を築き、受診者の皆様へ良質な医療サービス(人間ドック、健康診断、診療など)を提供するために、皆様の権利と責務について次のとおり表明いたします。

良質な医療サービスを公平公正に受ける権利があります。

個人として常にその人格が尊重される権利があります。

自分が受ける検査内容や危険性などについて、理解できるまで十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。

自分が受けている医療サービスについて十分理解できるまで質問し、知る権利があります。

個人のプライバシーが保護される権利があります。

自分が受ける医療サービスを理解し、自ら決定する権利があります。

医療サービスの受診に必要な自分自身の健康状態に関する情報をできるだけ正確に医療提供者に伝えていただく責務があります。

すべての方が適切な医療サービスを受けられるようにするために、当センターの規則を守っていただく責務があります。

労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL