特定健診・特定保健指導

特定健診(特定健康診査)

特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。実施の目的は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を対象に生活指導を行い、生活習慣病の予防をする事です。その背景には、生活習慣病の中でも、糖尿病、高血圧、脂質異常症等が肥満と密接な関係にあることを掲げています。特定健診の対象者は、実施年度中に40歳〜74歳になる者で、健康保険に加入している方が対象となります(妊婦と厚生労働大臣が定める一部のものを除く)。

特定保健指導とは

特定健診の結果、腹囲が85cm以上(男性)・90cm以上(女性)の者、または腹囲が85cm未満(男性)、90cm未満(女性)の者でBMIが25以上の者のうち、血糖(空腹時血糖が100mg/dリットル以上、またはHbA1c(NGSP値)が5.6%以上)・脂質(中性脂肪150mg/dリットル以上、HDLコレステロール40mg/dリットル未満)・血圧(収縮期130mmHg以上または拡張期85mmHg以上)に該当する者を対象に行われます(すでに治療中で服薬している者は除く)。

指導の方法は、厚生労働省が定める方法により、医師、保健師、管理栄養士又は、食生活改善指導若しくは運動指導に関する専門的知識及び技術を有すると認められる者が、生活習慣の改善のための取り組みに関わる動機付けに関する支援を行う。
(厚生労働省 「特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き」より抜粋)

特定健診・特定保健指導機関情報リンク

健診機関情報詳細閲覧

保健指導機関情報確認

労働衛生機関評価機構 人間ドック健診施設機能評価認定施設 SSL